>

ソープが格安な理由

格安店にも差がある

ソープの格安店は別名大衆店と呼ばれ、合計時間は大体40分から60分程度と短めです。
比率で言えば大衆店の方が素人同然な女性が多いと言われていて、マットプレイが省かれている場合が多いそうです。
初々しさを求めるなら大衆店が良いと思われますが、高級店で採用されなかった年配の方も多いのも大衆店です。

店の形態にもよるのですが、ノルマの報奨金が高い大衆店だと常連が付いたら儲かりますので、サービス料を無料にしたり知人を呼び込む場合もあるそうです。

しかし、マットプレイを省いた店などは時間を短くしているために格安になっていますので、そのぶん質は下げていない店も存在します。

大体10000円から25000円が大衆店の相場だと言われています。

不況の煽り

不況の煽りは風俗業界にも影響しています。
不況により高級店では指名が取れなくなってしまい、大衆店に移籍してくる女性も最近多いと聞きます。
高級店は接客や質や教育が厳しく採用条件も厳しいので、手軽に始めたい女性には入りづらい環境です。
そのため入りやすさから容姿の良い女性も大衆店には在籍しているのも事実なのです。
しかも高い金額の時代を知らないために、相場が安いものだと思い込んでいる女性もいます、景気が良いころを知らない女性は格安でも格安だと感じていないかもしれませんね。
今すぐお金が必要な女性もいますので、その場合は容姿とか関係なしに大衆店に来ると思います。
ですので一概に大衆店が容姿的に劣るとも言い切れないのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る